着物の保管で注意をしなければならないこと

こちらで案内しているのは着物買取サイトです

着物は繊細な衣服であるために、保管には他の衣装以上に注意を払う必要があります。注意をしなければならない点は多くあるのですが、その中でも特に気を付けなければならない点は、湿気です。 保管している場所によっては定期的に取り出して外気に触れさせなければカビが発生してしまうことがあります。昔から着物の保管には桐箪笥が重宝されてきており、嫁入り道具としても一般的でした。桐という木材が、空気中の湿気に応じて呼吸し、中の湿度を一定に保つ機能を有しているためですが、現代においては高価である上に、最も良いとされる国内産の桐の生産量が減っていることから入手は困難となっています。そのために着物の保管方法は人によって異なり、多様化しているのですが、例えばプラスチックの衣装ケースですと密封されてしまっているために定期的に空気の入れ替えをしなければなりませんし、押し入れなど湿気の多いところではカビてしまいます。保管場所は細心の注意を払って選ばなければならないのです。

着物の着物により着物のための「着物」